忍者ブログ
2017 / 09
<<    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
[8] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ビタミンDは、小腸におけるカルシウムやリンの吸収を促す働きがあります。
また、カルシウムを骨や歯に沈着させる働きもするんです。

ということは、骨の成長、骨の健康維持にかかせないビタミンと言えますよね。
他にもビタミンDは、カルシトニンや副甲状腺ホルモンとともに血中のカルシウム濃度の調節をする作用があり、筋肉の収縮や免疫調節作用、ホルモン分泌の調節などの円滑な働きを維持しているんです。

それではビタミンDが不足すると・・・

乳幼児や小児では「くる病」、成人では「骨軟化症」の原因となります。
また、若い頃からカルシウムやビタミンDの摂取が不足すると、閉経後の女性や高齢者にみられる骨粗鬆症の原因になるといわれています。

ビタミンDは、カルシウムとあわせて摂取することで、これらの症状を防止することにとても効果的なビタミンなんです。

発育期の子供や、妊娠・授乳期の女性は所要量は成人の3倍になりますので、特に摂取してくださいね。

ビタミンDは、食物からの摂取と、紫外線を浴びることで人間の皮膚で生成されていきます。皮膚で生成されるビタミンDの量は全体の50%ほどです。

日照の少ない生活環境にいる人や、紫外線を遮断する化粧品を常用している人、お年寄りなどビタミンDの産生能力が低下している人は、その量が不足しがちですよ。

日光浴が良いというのは、実はこの理由にあったんですね。

特に、赤ちゃんに日光浴が必要といわれるのは、実は母乳や牛乳にはビタミンDがほとんど含まれていないからなんです。

それに最近骨の弱い子供が多いですよね。それは、カルシウムのみならずビタミンDの不足もあるんです。

これは、最近の子供たちは、昔と違って外で遊ぶ習慣が少なくなったことが原因だと言われています。でも、だからといって紫外線を浴びれば良いということでもなく、浴びすぎることは逆に身体にとって良くないので注意する必要もあります。

ビタミンDの生成には、一日にほんの数十分の日光浴で十分なのです。

ビタミンDに変化するエルゴステロールは、チャーガのお茶のも含まれていますので、日々の生活の中に取り入れていきましょう。

クリスタルガイザーの通販情報
激安ミネラルウォーターでおなじみのクリスタルガイザー。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:



カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
Designed by TKTK
PHOTO by 空に咲く花
かぼんや
忍者ブログ [PR]